アドエアで喘息を楽にする

喘息の治療薬、アドエアとセロフロ

喘息の治療薬にはアドエア

呼吸器を使用する女性

日本では近年、喘息がとても増えています。その喘息の原因にはいろいろな説があり、アレルギー・感染・自律神経失調症・精神身体要因説などが考えられ、はっきりした原因というのは挙げられていませんでした。ですが近年では気道の炎症といわれるようになり、大半はアレルゲンまたはそれ以外の刺激物が気道を通り過敏に反応することによって起こります。

その治療薬として有名な薬がアドエア。使用すると気道を広げ、炎症を取り除くことができる吸入薬となっています。製造・販売はグラクソ・スミスクライン社です。このアドエアに使われている有効成分は2種類あり、その1つはβ2刺激薬に分類されている気管支拡張作用がある「サロメテロールキシナホ酢酸」が配合されており、気道を広げることで苦しいといった息苦しさを緩和し呼吸を楽にする作用を持っています。β2刺激薬の中でも特に長い作用時間がある成分となるので、就寝時に使えば早朝の発作も予防することが出来ます。

そしてもう1つの成分がステロイド薬であるフルチカゾン。この成分には強い抗炎症作用があるため気道に起こっている炎症を抑える効果があります。すなわち喘息の発作を抑えることが出来ますので発作を予防するのです。気管支拡張作用と抗炎症作用の相乗効果によって呼吸の機能を改善し予防する薬です。毎日吸入することで症状を改善することができ、軽度の症状以上の方を対象として処方されます。

アドエアの副作用

副作用には嗄声(させい)と呼ばれる症状があり、ノドに違和感を感じたりかすれ声になることがあります。もう一つ、発現率は高い方ではありませんが口腔カンジタ症を起こすこともあり、その症状とは口の中に口内炎のような白いものが現れてしまいます。その際には医師に相談するようにしてください。

2つの有効成分があるため副作用もそれぞれにあり、サロメテロールは手の震えや頭痛または頻脈や動悸を起こすことがあり、一度の吸入量が多かった際に起こると言われています。過度な吸入を繰り返してしまうと重い不整脈が現れることがあるので吸入量は適切な量を守って使用する必要があります。またフルチカゾンは気道の炎症を起こしている部位にだけ作用するので全身におこる副作用はありませんが、長期間に渡って大量の投与を繰り返してしまうと副腎皮質機能抑制や白内障、あるいは緑内障の子供の場合は成長遅延などが見られることもあるので注意して下さい。

アドエアのジェネリック、セロフロ

呼吸器を使用する女性

インドに本拠を置くシプラ社という製薬会社が販売しているセロフロという薬があります。こちらはアドエアのジェネリック医薬品で同様に喘息の予防、治療をするお薬です。セロフロも気道を広げるような働きがあり呼吸をしにくいといった症状を改善するとともに炎症を抑える効果があります。セロフロインヘラーという吸入器を用いて使用しますが、吸入器は複数回使用することが出来るので毎回購入する必要がなく経済的です。

通販サイトで喘息薬を購入

スマートフォンをみる男性

健康を考えるのであれば毎回病院などに通ってその都度処方せんを出してもらうことが一番です。ですが忙しい人にとっては病院へ行く時間も限られますし、かといって薬が無ければ非常に辛くなることは容易に想像できます。その場合におすすめできるのが医薬品の通販サイトを利用することです。

セロフロは海外のみで販売されている医薬品になるため、通販サイトを利用しなければ購入することが出来ません。また到着するまでに時間がかかるので余裕を持って注文をしなければあまり意味がないことになってしまいます。しかし正しく通販サイトを利用した場合は医療機関へ行く時間が節約できますし、価格も安いため費用も節約出来ます。

増加する喘息患者

喘息で困っている男性

喘息患者の数は1960年代では子供、大人ともに1%前後でしたが最近の調査から子供ではなんと6倍の6%、大人でも3倍の3%ととても増えています。全体の人数ですと約400万人を超えます。冒頭にも挙げましたが気道の炎症が起こる原因としては家の構造や建築資材の変化によって増加したアレルゲン、排気ガス、工場などの工業排気・排煙、食品や建材に含まれる化学物質、長時間の労働、過労、ストレス、清潔すぎる環境、アレルギー等が考えられています。近年はストレス社会とも言われていますし、勤務状況などが改善されていかない限りさらに患者数は増えていく可能性も考えられます。

発作は夜間や早朝に起こりやすいのが大きな特徴で、季節の変わり目などの寒暖差が多いとき、天気の変化が激しいとき、疲れが溜まっているとき、風邪などで体が弱っているとき、タバコの煙や線香の煙や刺激臭など、気道が刺激され炎症を起こすと咳や痰(たん)、息苦しさなどの症状が起こります。

専門の医療機関に診てもらうというのが間違いない方法ではありますが、長い間喘息を持病として付き合ってる人にとってはそれを理解している分、ご自身で症状の抑止や治療をすることも出来ます。通院・診察の時間なども省くことが出来る通販サイトの利用も選択肢に加わることにより、毎回の通院などが億劫な方、忙しくて時間がない方は一度調べてみるのも一つの手です。