アドエアで喘息を楽にする
ホーム>ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

薬

特許期間が非常に重要です

ジェネリック医薬品とはいわゆる後発医薬品とも呼ばれているもので、先発薬(もしくは新薬)の「特許期間」が切れた際に初めて製造が出来る権利が生まれます。というのも先発薬の特許期間とはいわゆる独占権ち言えばよろしいでしょうか?開発した製薬会社のみが成分や製造方法などを使ってその薬を作ることが出来ます。

医薬品の開発・製造には色々なものが必要

困った男性

その理由は開発費用の回収と次に開発する医薬品のために必要だからです。医薬品の開発は非常に時間がかかります。それは10年単位で見なければなりません。その間にはものすごいコストがかかるため販売に至るまでには多くの苦労があります。

長い年月や莫大な開発資金を投入した医薬品が発売されたとして、すぐに他社に真似をされてはたまったものではありません。ライバルとなり売上が大きく減ってしまいます。そのようなことを防ぐために権利が発生し守られるのです。その期間はおよそ20~25年になり、その特許期間が切れることでジェネリック医薬品が製造できるようになります。

ジェネリック製造は各社の工夫が見られます

特に人気の薬に関してはどの会社も作りたいと思うため集中するようです。そして各社独自に添加物や形状などが決められためより飲みやすい薬になったりします。添加物は薬効作用に影響しますので、個人によって効きにくいこともあります。ジェネリック医薬品の効果が低いという誤解は恐らくこれから生まれたのではないでしょうか?

また既に実績のある薬です。研究に割く費用や時間は一から開発するよりも当然かかりません。それがジェネリック医薬品の価格の安さの理由です。コストが掛からない分、安く提供が出来るわけなのです。

海外のジェネリック普及は凄まじい

ドラッグストア

日本ではようやく普及しだしたジェネリック医薬品ですが海外ではどちらかというと先発薬よりも多く普及しています。というのもずばり、金額が安いためです。日本には保険制度があるため、そのメリットを感じにくいとは思いますが海外は全額負担の国も多く、薬だけでも相当な金額が必要になります。

そこでジェネリック医薬品が非常に役に立つわけです。有効成分が同じである=先発薬と同等の効果。そして先述したように先発薬に比べ価格が安い。こうした理由により海外ではメインとなっています。特にインドのジェネリック医薬品は世界的にも有名で数多くの国に普及しています。もちろんここ日本でも知る人ぞ知る、インド製のジェネリックは密かに人気を集めています。

高い薬の場合はジェネリックの処方が多いようですが、もちろん先発薬を希望であれば処方してくれるでしょう。ただし処方する権利は医師が持っていますので、よほどの理由がない限りは従ったほうが良いかもしれません。アドエアのジェネリック医薬品はセロフロになりますが、こちらは医療機関では処方されません。手に入れたい場合は医薬品の通販サイトを利用して購入しましょう。