アドエアで喘息を楽にする
ホーム>喘息の原因と対策

喘息の原因と対策

複数の原因から喘息は起きる

マスクをつける女性

喘息とは気道が炎症を起こし敏感になるため、少ない刺激でも発作が起こるようになる症状です。息苦しい、咳が止まらなくなる、といったものです。気道が炎症を起こしている時に刺激となってしまう原因には複数あります。ダニ・ホコリといったハウスダストなどがそうです。アレルゲン以外にもタバコや運動、また風邪や解熱や鎮痛作用のある薬の服用、ストレスや過労、気候の変動などで発作は誘発されます。生活が豊かになった一方で先述の原因により子供はおろか大人にも年々増加してきています。

この10年で患者数は倍増していると言い、子供の頃にかかっていた人が再発したり成長してから発症する人など様々です。喘息は子供がかかる病気と思う人は多いですが、忙しさにかまけて前兆を放置してしまう事も多々あります。それがやがて喘息になり発症することで初めて気がつくのです。

アレルギーによる発症の多い喘息

アレルギーの構図

喘息の原因にアレルゲンを挙げましたがその中でも日本人はダニアレルギーを持つ人が非常に多いです。住居環境の変化により、生活環境内でダニが増え、アレルギーとなっていきます。少しでも症状を緩和するためには状況を改善しなければなりません。高温多湿を防ぐため換気をする、布団や絨毯などは繁殖しやすい場所となるため洗う、あるいは干すなどしましょう。使用しない状態では防ダニ専用のカバーなどを付けて対策するのもよいかもしれません。

掃除を行うことでホコリなどを取り除いたりダニも一緒に取り除くことが出来るので重要な予防策になります。こまめな掃除を心がけて下さい。綺麗な環境を作ることにより喘息を予防することが大切になります。なぜなら喘息は発作によって死亡してしまうこともある危険な病気でもあるからです。

喘息による死者は年間2000人?

その数はなんと、年間約2000人にも及ぶので驚きです。それを防ぐため医師から薬をもらい発作を抑えることが大切です。それだけで死亡の危険を回避することが出来ますので、意識の変化もきちんと行なって下さい。喘息の治療薬としてはアドエアという薬があります。β2刺激薬とステロイドの合剤のため気管支拡張と抗炎症作用を同時に得ることが出来る画期的な薬です。今はとても良い薬が出ていますので、咳がおさまらないと思った時は医療機関で診察をしてみて下さい。